2016年11月27日日曜日

めーぷる近くで雪遊び

先日雪も降り、今年はめーぷる周辺のスキー場は
12月はじめより予定通りオープンできそうです。

めーぷるにお泊りの方がよく行かれるスキー場は2つ

清里サンメドウズスキー場
ポイント:車で15分ほどで近い。コース種類が豊富なので様々なレベルに対応、南面に開けているので富士山はじめ眺め最高。

野辺山シャトレーゼスノーリゾート
ポイント:車で20分ほど。初心者の割合が多い印象。お菓子関連のイベントが多い。キッズルームやベビールームがゲレンデ入口に近く便利。 北面に開けたスキー場で八ヶ岳の眺め最高。

少し遠目ですが
リエックス、八千穂高原、富士見高原、富士見パノラマまで足を伸ばすや、白樺湖まで遠征する方も。

それぞれのスキー場にはキッズエリアもあります。そりはエリア内にありますので持参しなくてもOK(というかエリア以外のゲレンデでソリ遊びは禁止になってます)

なお、積雪があればめーぷるの庭でも雪遊びもできますよ〜。
貸出そりあり。

注意事項
気温が低く雪の少ない地域で、人工降雪造成によるスキー場エリアなので…
◎スキー場に行くまで道路に雪がないこと多し 。ただし、一旦雪が降るとしばらくなかなか溶けず、特に朝は凍りたいへん。
◎乾燥粉雪なので雪がサラサラ固まりにくいので雪だるま作りや雪合戦は基本苦手です。
◎転んでも払えば雪が落ちるため、服が濡れにくい

めーぷるではお泊りの方限定で宿泊プランに割引価格のリフト一日券を組み込むことができます。
※サンメドウズ、シャトレーゼ、リエックス、八千穂高原に対応
※リフト券は大人とこども券のみの取扱。
※到着日の朝使用したい場合にも対応できます。お問い合わせください。

2016年11月3日木曜日

応援してます!「この世界の片隅に」

 若い頃より、作品中に子供が出てくる映画だとかにより共感しやすくなりました。つい自分や自分の子を重ねたり想像してしまうからかもしれません。

 「この世界の片隅に」は、こうの史代さんの原作。第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したコミックの映画化です。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常をやさしいタッチの絵柄で生き生きと非常に丁寧に描いています。
 読む前には、当時の人たちは毎日みんなが悲惨な顔して鬱々と暮らしていたのではないかという固定観念みたいなものがなんとなくあったのですが、それが見事に打ち砕かれました。よく考えてみると当時のたいへんな日々の暮らしの中にも、どんなときにも、小さな喜びや悲しみ、笑顔や泣き顔がたくさんたくさんあったはずなのです。そこに「戦争」という状況が入ってくることで平凡な「日常」に大きな影響を与えてくる。爆撃などの具体的な怖さ以上にそこが戦争の持つ怖さだと思いました。でも戦争が続いても終わっても「日常」は続いてゆく。そこが生きてゆくことの強さだと感じました。(でも基本はクスリと笑えるほのぼの漫画、最後ハッピーエンドですのでご安心を。)



 というわけで原作本が超おすすめ、マンガならではの表現の工夫がすごくて、
とてもこの「良さ」を アニメで表現できるのか?と事前には少し不安でもあったのですが
伝え聞く前評判を聞くとネガティブ意見が怖いほどないくらい「素晴らしい」「今年一番」という状態で、映画もかなり良い作品になっているようです。
 しかし、いい作品でも宣伝力がいかんせん弱い。。。

ぜひお近くで上映されているのであれば見に行ってください。
 我が子が生まれ、育つ中で「日々の暮らし」のうれしさや大切さを一番痛感している子育て世代の方にこそ響くのではないかと思います。
そして気に入ったらお友達にも紹介してくださいね。

今年は「シン・ゴジラ」や「君の名は。」などヒットが続く邦画ですが
大本命と言われているのがこの作品です。
映画「この世界の片隅に」今日から公開スタートです。

でも、実は山梨県ではいまのところ上映するところがない。。。
一番近くて佐久だそうです。トホホ。
 1月初旬から山梨でも上映決定!やったー!!!

原作本ならめーぷるにありますので滞在中にぜひどうぞ。

MTB★02:ゆらゆらロッキングホース

■■■■■■■■■■■めーぷるおもちゃばこ Maple’s Toy Box■■■■■■■■■■■
2:ロッキングホース木馬 
雪がふらないうちに庭用の遊具を紹介。

 シンプルで可愛いのでまたがるだけでもうれしいおもちゃなのですが、
シーソーは遊具として遊べるだけでなく、遊ぶときにバランスをとるので全身の運動ができます。  また、加重するとどちらかが傾くと言う、大人では当たり前のことも実体験として学ばせてあげられる知育遊具としても。

このリトルタイクスLittletikes のシーソーの一番の利点は「丈夫」なところ。さすがアメリカ製。
壊れにくいというのはどんなあそびをするかわからない子供が使うものとして、おもちゃの大切な要素の一つですね。
さらに、クジラの方は3人までいっしょに遊ぶことができます。

雪が積もったら…ソリっぽく使えるのかもしれません。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
めーぷるのほかにはない「強み」とはなんだろう…?と考えてみると、
一泊では遊びきれないほどおもちゃが多い!というところ。 

せっかくなので、めーぷるにあるおもちゃとその周辺を不定期にご紹介してゆきます。
お泊りの際にはいっぱいあそんで、お気に入りを見つけてみてくださいね

※おもちゃはその性質上、壊れてしまったりすることもあります。なのでここで紹介していても、
宿泊時には無かった…あるいは修理中…ということもあるかもです。予めご了解願います。
※紹介するものについて現在ネットなどでも購入可能なもの、もう廃番のもの、一点もの、
よくわからないもの…いろいろあります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜