2014年6月30日月曜日

夏魅力:ホタルの夜、好評開催中

一昨日、昨日とお客様とともにホタルを見に行きました。
先日よりはちょっと近いポイントに行くことになったので片道15分程度。
なので出発は19時半です。
途中、車移動中に雨がぽつぽつきて心配しましたが、相変わらず観察中は傘いらずでラッキー。

ホタルはこのポイントでは最盛期なのではないでしょうか。
オスとメスがカップルになったのを見かけはじめました。
このポイントでは移動にベビーカーも使えます。

静かな夜の風景の中で、
これまた静かに光りながら飛ぶ天然のホタルに
お客様も喜んでいらっしゃいました。
現地では貸切で堪能した夜でした。

ホタル観察、夕食後にまだまだ実施できそうです
清里でも標高の少し低いポイントでは出始めています。

2014年6月20日金曜日

夏魅力:お庭でさくらんぼ

めーぷるの庭に植わったサクランボ。
ようやく実ってきました。
朝晩の食事にも使ってますが

で、今日は雨も上がっていい天気
昨日からお泊まりの横浜のSさんとうちの子とミニサクランボ狩りタイム。
ミニミニ小粒サイズですが、甘酸っぱくておいしい初夏の味です。


いつまで楽しめるのかは未定ですが、
いまの時期お泊まりの方はチャンス?
ミニサクランボ狩り、楽しめますよ〜


夏魅力:ホタルはじまりました

昨日はお客様とともにホタルを見に行きました。
とはいえ清里は標高が高いため、日野春のポイントまで片道30分。
途中、車移動中に雨がぽつぽつきてかなり心配しましたが、
観察中は傘いらずでラッキー。

ホタルの数はまだまだ少ないのですが静かな夜の風景の中で、
これまた静かに光りながら飛ぶホタルに
お客様も喜んでいらっしゃいました。
平日だったので、現地で会った他の方も1家族だけ。
貸切で堪能した夜でした。

ホタル観察、夕食後にまだまだ実施中です



2014年6月18日水曜日

初夏の音 エゾハルゼミ

最近のめーぷる周辺は晴れた日は特に賑やか。
ミョウキンミョウキンと鳴くエゾハルゼミのコーラスで森が満ちあふれます。
先日めーぷるの基礎の部分に抜け殻を発見


おやっと思って見たらすぐ近くに脱皮したてのセミがいました.
捕まえようとしたら鳴いて逃げたのでオスと分かりました。
このヒメハルゼミ。時折響くカッコウやホトトギスの声とともに清里に爽やかさを増す歌声でお気に入りです。


2014年6月17日火曜日

清里フィールドバレイ鑑賞 お子さま託児で応援

めーぷるのご近所である萌木の村では毎年夏休みに素敵なイベントを行っています。
それが清里フィールドバレエ
今年で25回目です 。野外で公演するというのが最大の魅力。

そこでめーぷるでは
会期中の7月30日と8月8日を
バレエサポートの日と(勝手に)決めました。
この日は夕食提供をせず、B&B(一泊朝食付き)または素泊まりのみの受付とさせて頂きます。
そのかわりこの日の夜は託児Day
 めーぷるにお泊まりのお客様、またそれ以外でも託児を承ります

なぜかというと
野外なので劇場公演よりは子連れでも気にならないのでは…とは思うものの、
こどもが途中で飽きたらどうしよう。とか
ワタシはこの時だけは『バレエ鑑賞に集中したい』
けれどお子さまがいるとあまり楽しめない…
とお悩みのご家族をサポートしたいからです。
当てはまる方はぜひご利用下さい。

託児料金
お子さま1名様の場合1時間800円(30分単位で精算)
兄弟の場合はお安くなり
2人目は1時間600円、3人目からは400円といたします

託児の時間
18時半から21時まで(希望開始時間の10分前までに受付をお済ませ下さい)
 おもちゃや絵本がいっぱいのめーぷる内プレイルームでお預かり致します。

*託児についてのお申し込みは一旦各1週間前までを締切とします。以後についても定員に余裕がある場合はお受けしますのでご相談ください。
*託児は保育士資格を持つスタッフが担当させていただきます。希望人数が多い場合にはサポートスタッフがつきます。

*お子さまについては当日の夕食を別途準備することができます(要予約)。 その場合は18時に提供、館内食堂でご家族が食べさせたあとの預かりとなります。持込みのお弁当等を食堂で食べてから出発…ということもできます。
*大人の方の夕食はもうしわけありませんが会場周辺のお店、または開場に出る露店をご利用下さい。近くにコンビニもございます。


*バレエは前夜祭含め7月28日から8月10日まで
そのうち31日と6日はお休みだそうですのでご注意ください
*今年は夏休みの託児デーはこの日のみです。でも、別の日だったら利用したのに!と思っていたら
ぜひめーぷるまでお知らせください。来年以降増やすかもです。

2014年6月14日土曜日

ビューティフルサタデー

めーぷるの目の前の牧草地も伸び放題だったのが
 12日に刈り取り開始。
 14日はこのとおり。すっきりしました。
ここ数日、空気ひんやりきもちのよい日が続いてます。

下界より暑く無いし。。。じつはベストシーズンの今日この頃です。

2014年6月13日金曜日

虹の景色

今日13日は微妙な、とても変わりやすいお天気
洗濯物の取り込み直し×2回
 
さいごにいいことありました。
この写真HDRで強調はしてますが合成じゃないです 。
めーぷるでは現在客室プチリフォーム中、部屋の掃除を終えて空を見上げると嘘のようにきれいな虹。
くっきりとしていてメインの虹の外側にももう一つ、
そして内側の紫のさらに内側は紫緑紫緑というふうに見えました。


め〜〜〜〜ぷる

メープルの目の前に広がる牧草地は牧場ではありません。
しかし耳をすますとときおり「め〜」という声が。
めーぷるの反対側道路沿いににひつじが飼われているのです。

中央奥がめーぷる
つい最近生まれた子羊もかわいいですよ〜
めーぷるでも飼いたいなー。


2014年6月5日木曜日

初夏限定オプション:ホタルに出会う夜

夕食後、自然ガイドと共に、ご家族でホタルを見に行きませんか。
ホタルを見るだけでなく、そっとさわってみる体験もできるかも。
ホタルとホタルを取り巻くいろんなヒミツがわかります。

標高差のあるのが魅力の北杜市、初夏の夜はホタルが飛び交う水にめぐまれている土地でもあります。
市内のいくつかあるとっておきポイントのうち
その時期一番みどころと思われるポイントにご案内します。
移動時間片道 車で10分〜30分程度
(標高差があるためシーズンによりポイントが変わります)
 
6月下旬から7月中旬までの宿泊オプションプランです。定員あり
オプション料金 1人500円(幼児の同伴は無料)
*お子さまだけでのご参加は小学生から可

19時半ごろ めーぷる出発20時ごろ  30分から45分程度 ゆったりホタル観察(徒歩移動の場合あり)
21時半ごろ めーぷる到着
・小雨程度では実施、強風・低温の場合は中止になります。微妙な場合の最終催行決定は当日18時
・移動時間が少ない時期は後半となります。
・申込は原則前日18時まで。当日申込はご相談下さい。
・生息地保護のためホタルの持ち帰りはできません。
・足元は長ズボンと運動靴、蚊等気になる方は長袖シャツをおすすめします。

ガイドより一言・新潟県ホタル観察指導員を経て小淵沢エリアにて毎年ホタル観察を実施してきました。
毎年見てるのにいつも「不思議」 を感じるのがホタルの光の魅力。エリア毎のまわりの夜の風景を味わうのも楽しみのひとつです。

2014年6月4日水曜日

庭の草刈り

春がすぎ、ひと雨ごとにどんどん草が、伸びてきてます。
庭が広いのが逆にたいへん。
たんぽぽが綿毛になり、はるじおんが花を咲かせてきたので さすがに草刈り















草を刈って刈った草を片付けないといけないのがちょっとたいへん。
こんなとき、やぎやひつじがいたらなあと思います。

でも、さっぱりしました。

清里・川俣川渓流釣り場

めーぷるから国道を甲府方面に下り10分ほど、清弘法坂を下り切った所にある
川俣川渓流釣り場
今回は家族で2時間楽しめるファミリー料金(3250円)で ニジマス釣りにチャレンジしてみました。
 小さい子連れだと「こどもが途中で飽きるかも」対策もしないといけないので、
全入場者分ではなく2人分(交替してよい)の料金設定というのはとてもうれしいです。
道具の持込みもできますが別途950円で竿、イクラ、しかけ、針外し、袋のセットもレンタル。
釣った魚の持ち帰り制限は無しです。

 1区画貸切なので指定の場所に行き、
さっそくしかけを竿につけて…
いざ勝負!

「つれた〜つれたよ〜」(はやっ)

「つれた〜つれたよ〜」(またっはやっ)
以下同文…
初心者でもこどもでもかんたんに(←多分)釣りの楽しさが味わえます。

強いてポイントをあげれば
・区画の中では水が段々に落ち込んでいる所 あたりに仕掛けを入れて流れに任せる
・仕掛けは水底につかない程度に長さを調節
でしょうか。

ちょっと簡単に釣れすぎて、大人的にはもう少しタメが欲しいというか
「獲る楽しみ」以外に「待つ楽しみ」をこどもに伝えられるといいのに、
などと欲張った感想を持ちました。

が、こどもたちにはやはりシンプルにたのしいうれしい、みたい。

1時間ほど大騒ぎで釣ったので、もうそろそろいいかということで今回は切り上げ。












最後にずっしり重い袋をもって流し台で魚達を下処理。
数えたら33匹釣り上げてました。
サカナトノタイワ













まだ生きている魚達からナイフで内蔵を取り出し塩をふる。













けっこうこの時間を持つことが、こども達には大切なのかもしれません。

あとは「自分で獲ったもの」を食べることってモチベートがすごく高くなるので
ある意味チャンス。(今回はまるごと食べたのに、骨について文句いいませんでした)


旅行の際には釣りに続いて現地で焼いて食べたりするのもいいかもしれません。(別途有料だそうです)
持ち帰る場合は、あらかじめクーラーボックスを用意しておきましょう。

釣り場自体には日陰がないので、帽子等も夏は必須ですね。





親子で散歩:ヤッホーの丘

 清里の眺めの良い場所。
こんな素敵な場所が近くにあるのを知ったのはつい最近のこと。


朝に出かけたときは思わず草原をかけまわったので
草露ですっかり靴がぬれてしまいました。
晴れたお昼間は富士山こそ見えませんでしたが、ひろびろ気もちいい!
これから夏場は暑いかもしれません。
たどり着いたらお約束 『全員の声を合わせて『やっほー』と三回叫べば
こころも広々とした気分になるかな。


一般的な観光ポイントではなく、近くに駐車場もないのでご注意。